マドンナ

[ 巣鴨 ⁄ ピンサロ ]

お店の詳しい情報はこちら!

2011/07/20 up

タイトルなし 

※評価点は5点満点です
いやぁーーーッ、心から堪能しました。
5000円は安いと思う。ただ、あの店の空間は・・・
イヤハヤナンと申し上げて良いのやら・・・
特にそのバツの悪さについては後ほど書き込みます。
相当長くなりますが、悪しからず。

 最初はフリーで入店しました。すぐに嬢が応対してくれました。このお嬢さん、
ほのかな香水の良い香りがして・・・
DKから始まり乳首舐め、マァいろいろと・・・
こっちが恐縮してしまいましたァって感じだ。
そして、下をまさぐると洪水状態。
大塚、猫の 小生のお気に入りのお嬢さん以来、
待ち人来たらずで、何人に失望してきた事か・・・
ようやくって感じで久々に燃えました。
が、大塚、遊ぶ女の子で抜いて来てしまったために
愚息が反応悪くタイムアップ。
思わず、えっ、もう終わっちゃうの?と
尋ねてしまいました。そしたら優しく
他の子が来るから大丈夫よと囁いてくれて
別の席へ・・・

 二人目が小生、ひきつりにとって青天の霹靂。
衝撃が走った。好みなのだ。まじめにぶっ飛んだ。
これは小生にとって大切な思いがあるから、
この話は、ここで打ち切り。
このマドンナの登場がなければ、最初の嬢に
いれあげたのは、間違いなかったであろう。

 三人目は別の嬢。
このお店では愛想があまり無い方だと思うが、
大塚、遊ぶ女の子の無愛想よりは雲泥の差で
全然良い。それなりに頑張ってくれたのだけど、
ふたり目のマドンナの時に大爆発してしまったので
こちらから、お礼を言って切り上げて頂いた。
でも、三人目の嬢も充分合格だと思った。
で、三人目の嬢に見送られて
さようならに至った。

 いやぁ、良かった。良かった。堪能したと
満足な思いで帰宅しようと駅に向かって行き、
電車を待っていたのだが、
小生、いささかの事情があり、
当分は東京を離れなければならないという
悲しい現実に気付いた。
はっきり言って小生のマドンナに暫くというか長期間
会えないのだ。

 出発までは予定がビッチリで、翌日から時間を
作るのはとてもキツイ。で、そんな訳で
すぐにマドンナに引き返した。

 今度は指名料1000円を追加して6000円支払った。
で、また直ぐに席に案内された。丸見えの小生の前の
ブースには70歳に近いだろうと思われる元気印の
大先輩が座っておられて、な、な、なんと、
先刻、最初に小生についてくれた嬢がサービスを
開始するではないかッ! 嬢が元気印の大先輩に
DK?するかどうか判りませんが、仕事をする際、
こちらに顔を向けなければならないので、
目があった時はちょっと応対に困った。
そのせいかどうかは知らないが、
嬢は大先輩ともどもソファになだれ込み状態へ・・・

 バツが悪いところをマドンナが来て
小生の針のムシロ状態を救ってくれました。
 スッキリした後で、また店に戻って来るという
お馬鹿さんは滅多にいないようで
ちょっと驚いていた。

 このマドンナという店、指名をしても
3回転が当たり前で指名を受けた姫が
最初と最後を受け持つというスタイルだ。
正直な話、小生は発射などはもういいから、
マドンナのことを知りたい。もっと知りたいッ!!
これしか頭になかった。そんな訳で、
3回転はうざかった。が、これは小生のワガママ。
ブーたれるなッ!って感じである。
マドンナは早く準備してって優しくせかすので
仕方なく小生も間抜けヅラを下げてイソイソと準備。
マドンナも頑張ってくれたのだが、
大爆発の後、直ぐだし小生の愚息は反応はするが、
やはり鈍かった。マドンナに別のテーブルへと指示が
くると、ちゃんと後で戻って来るからと優しく・・・
で、ふたり目にな、な、なんと
先刻最後についてくれた三人目の嬢が・・・
嬢はあらぁ!とちょっと驚き、
にっこりと微笑んでくれたのだが、
伝票をちらっと見て、自分の指名でないと判明すると
ちょっと待っててねと言って席を立った。

これは、当たり前の話だ。
彼女だってプライドがあるんだから、10分、15分前に
自分がついた客が店に戻って来て
自分を指名しなかったら傷つくだろう。
いやぁーーーッ、バツが悪かった。
嬢、あなたもGoodなんだけど、やはりマドンナには
敵わないんです。ゴメンなさいでした。

で、別のお嬢さんが来てサービス開始、
一生懸命のサービスだと思ったが、気もそぞろだ。
周囲に目が行く。最初の嬢は相変わらず前のブースでお仕事中。
小生のマドンナと、三人目の嬢は、他のお客様に熱烈サービス中。
マドンナはきっといつもあのスタイルでファンも
きっと多いだろう。が、三人目の嬢、小生の時よりも
サービスがいいぞッ!とちょっと嫉妬を
感じてしまった・・・。情けない話だ。
 何はともあれ、マドンナが戻って来て、懸命に
サービスしてくれて何とか終わらさせて頂きました。

ひきつり さん

体験日:2011年07月中旬