神田 乳ビーナス

[ 神田 ⁄ 手コキ ]

お店の詳しい情報はこちら!

2020/06/04 up

神田 乳ビーナス

タイトルなし 

ア〇ル・掘るマージ改めまして、黒革の手帖です。
改名に至った理由につきましては、こちら姉妹店にあたる神田プラチナハンズさんの前回の拙稿をご参照していただけたら幸いです。

街を行き交う人の表情にも自信が溢れ、徐々にですが日常の落ち着きを取り戻し、ほっと胸をなでおろしているところです。
因みに、自分は対コロナ戦争は早々に白旗を掲げ戦線を離脱してしまったこともあり、当初から自粛はしてません。
5月を例にすると、GW中に乳ビーナスさんと鶯谷にある巨乳店、GW明けにエステ、新宿の手コキ店に1日で2店舗敢行、直近でも姉妹店のプラチナハンズさん、そして今回、6月最初の体験談となります。

さて、今回は体験入店初日の新人さんを指名しました。
初日ということもあって、女の子の方はさぞや緊張してる様子が窺えるはずで、その緊張を解きほぐすのも自分に与えられた役割のはず…が……うっわあ…キャワいい!ってことで、股間より前に身体がカッチカッチに強張ってしまってこっちの方が緊張してしまいました。

ここで少し、既成概念で言うところの「カワイイ」や「綺麗」の範疇で片付けてしまっている、何気ない行為に目を向けてみようと思います。
ウォーリーを探せかよ!?と思わず突っ込みたくなる烏合のアイドル集団、厚さ2mmを上回る下地で塗り固めつつもナチュラメイクを装うLC◯の客室乗務員、身体のあらゆるパーツのカラフル化に邁進し独りビューティーコロシアムを展開する、きゃりーぱ◯ゅなんちゃら…今後は全部紛いものとして糾弾し中指を突き上げ、その指を紛いもの軍団の鼻の穴に突っ込んで全否定してもいいくらいです。
とにかく、僕は一目惚れしちゃいました。

前置きはこれくらいでいいとして、今回はコロナ禍渦巻く情勢の中、敢えて世界に向けて中指を突きつける北にある威勢のいいキチガイ国家に呼応してか、僕のロケットも好調で45分間の間に2回も発射してしまいました。
以下は、その一部始終になります。

〈まだ、時間余ってるけど、出す?〉(女の子)
〈ほぇ…あっ…うん…ふぁ…あ…〉(黒)

先ほどまでの聖母のような微笑みからは一転、目元は鋭く眼光炯々たる視線で私の愚息を睨みつけ、一気に臨戦態勢に入る——……そう…賽は投げられたのである…

…ジュッ!…ドピュッ!…(1回目)

ッ…ジュッ…ブシューッ!…(2回目)

めでたし、めでたし。

私事ですが、この後に会合があり参加してましたが、その間はずっとこの気持ちいい思い出にふけっていました。
気色悪い締め括りになってしまいましたが、こうして筆を進めてる今もずっとニヤけている最高に気色悪い黒革の手帖さんの体験談でした。
ハイ、おしまい。

(終わりに)
5分チョイ前に入室してしまい、タイミングが悪かったのか結果的にレンタルルームの延長料金取られちゃいました。
到着が早く、最初に少し待ちたいと言ってもすぐ会計急がさせられたし、ここのレンタルルームってあまり好きじゃないんですよね。

黒革の手帖 さん

体験日:2020年06月上旬