ポパイ

[ 池袋 ⁄ ピンサロ ]

お店の詳しい情報はこちら!

2017/06/15 up

タイトルなし 

昨年8月から何度かお世話になっているクラブグーが休業中(改装?移転?)ということで、新たにオープンしたポパイに行って来ました。
クラブグー自体は評判のいい店だったようで、部活の先輩が過去何十人もお世話になっているそうで…。
旧クラブグーの位置から見ると、ロサの裏側の大通りを渡り、パチンコ屋の横道を入ると看板が見えて来ます。
店の前にはピシッと決めたボーイさんが立っており、入店する素振りを見せると案内してくれました。店舗はビルの2階で、旧グーの2階ほどの広さだったと思います。誤りがあったらごめんなさい。
店舗内のボーイさんにフリーで入る旨と学生である旨を伝え、4000円を支払い待ち時間無しで店内へ。ボーイさんは複数人おり、いずれの方もハキハキとした対応で安心です。
中はブルーライト+ミラーボールが照明になっており、やや薄暗いですが特に問題はないです。ちょっとBGMの音量が大きいのが気になるかな?
足は普通に伸ばせる程度のフラットシートで、それなりに柔らかいため座り心地も上々。冷たいお茶を出され、5分ほど待つとお相手のお姉さんが登場します。
ルックスは可もなく不可もなく。やや浅黒い肌と引き締まった脚が私好み。胸はやや控えめでしたが、スポーティーでスレンダーな女の子は好みなので大歓迎です。
また、22歳とのこと。私より3つ上のお姉さんでした。
最初の雑談は5分くらい。他愛もない話で盛り上がった後、互いにセルフ脱衣ののちDK。Kはちょっと拙いかな?
そして、早速乳首責め。うわっ、めちゃくちゃ上手い!思わず声が出てしまいました。
それで気を良くしてくれたのか、お姉さんは「おっぱい弱いんだね~」笑顔。お恥ずかしながらその通りです。
そして、そのまま腰をずらしてFへ移行。こちらがM字開脚をする体勢になったためちょっと恥ずかしかったですが、Fの方も極上!
早速達しそうになってしまったため、69を要求。フラットシートなので体勢変更も容易、私が下になる形で69突入。
さて責めるぞーと思い、丁寧に指入れ&ペロペロ。少し責めてると奥からドロっと愛液が。俺のテクも上がったな…そう思った矢先、とんでもない事に気付いてしまった。
「この娘…相当なマン臭事変!!」最初は気づかなかったですが、愛液が出て来てからはかなりのものでした…。慌てて指攻めに変更。
その間も絶え間無く濃厚なFを続けてくれたため、開始20分ちょっとでもう達してしまいました。こんなに早く達したのは初めてでございます。例えマン臭事変でもFの方は極上のクオリティだったため、私の張○霖(意味深)もあっけなく爆殺されてしまいました。
後処理は私優先でしてくれました。口の中のモノを出す時も後ろを向かずにこちらを向いて吐き出してました。個人的にここは高評価です。これが結構興奮するんです。

旧グーでは少し早めに終わって処理したらすぐに名刺を書きに行ってしまう娘が多かったのですが、今回の娘は処理が終わっても互いに服を着てイチャイチャとお話ししてくれました。
互いの部活のこと、地元のこと、過去の交際経験などなどを深入りしすぎない程度に仲良くお話できました。また、風俗のお客さんのことも少し話してくれました。流石にピンサロで2回戦できる人は殆どいないけどごく稀にいる!とか、私はかなり精液の量が多い方で驚いたとか。お世辞も入ってるかもしれませんが、量には自信があるため嬉しかったです(笑)
そして放送がかかり、お相手の娘は名刺を書きに一時ブースを離れました。時間ギリギリまでお話してくれるサービス精神。最高です。
しかし、穴をほじくった指から結構ヤバイ臭いが。どうすっかなこれ…と思ってたら、アルコール除菌スプレーが置いてあったためこれを使用。4回くらい手に擦り込んでようやく臭いが消えました…。
しばらくすると、名刺を持って戻って来てくれました。そしてそのままブースを出るために靴を履こうとすると、向かいのブースの入り口から女の子の生尻がはみ出してました。最後の最後で眼福です。出口まで歩く時に手を引いてくれるわけですが、仕切りの背が低いため他ブースのプレイが見えてしまうのがとても股間に悪い…。危うくまた催してしまうところでした。
そして別れ際にお相手の娘と軽いKをして退店。また、ボーイさんの元気な「ありがとうございましたー!」の声に背中を押され、意気揚々と退店。気持ちを切り替えてまた頑張ろうと思いつつ、帰路につくのでした…。
…まだマン臭事変の余韻がする。口直しのアメを持っててよかった。

簡潔にまとめます!
店の雰囲気よし!
店員よし!
嬢のルックスまあまあ!愛想はよし!
テク極上!(ただしマン臭事変)
後処理よし!
サービスよし!
自信を持ってお勧めできるお店です!
初投稿のため拙い文章ですみません。

IM さん

体験日:2017年06月上旬